べとめも

ベトナムに遊びに来る友人の為に気ままに書き留めています。

簡単!ベトナム、ローカル食堂で使える10のカタコトフレーズ

 

f:id:wasaminskie:20180526163207j:plain

シンチャオ!

 そこのあなた!ベトナム旅行をお考えですか。もしくはベトナムへの出張が予定に入っていますか?

 本日はベトナムのローカル食堂に行った際、知ってると便利なベトナム語10フレーズをお届けします◎とはいってもベトナム語には声調というものがあり初心者には発音がやや難しめ。今回はできるだけ短く簡単なフレーズをご紹介します。

 

ベトナム語声調

とまずその前にベトナム語の声調について。

 

ベトナム語には6つ声調がありますが、今回紹介するフレーズでは4つの声調しか使いません。後ほどその声調はわかりやすいように矢印記号(↑↓→)を使って示していきますのでまずはこちらを覚えておいてください。

 

(→) 何も音程に変化がない、宇宙人並みの棒読み
(↑)  高く持ち上がる、日本語で何かを聞き返すときの「はあ~?」のイメージ
(↓)  低く下がる、日本語では納得した際に発する「あぁ」に近い
(↓↓) 思いっきり急速に低く下がる、ヤクザが「オイ!」と凄みを利かすときのイメージ

 

さあ、これらを踏まえて次のフレーズを見てみましょう!

 

【簡単!ベトナム、ローカル食堂で使えるカタコトフレーズ10】 

 

  ①「Em ơi 」(すみません) 

 

発音 エム(→)オイ(→)

Em=自分より年下、目下の人に対して使います。

ơi=日本語での「ちょっと」に近い。人に声をかける際の掛け声。

 

★店員に用事があるときに使います。ちなみに「ơi」の「ơ」の発音は、日本語のウとオの間のような発音です。

 

 

「Cho tôi ~」(~をください)

 

発音 チョー(→) トイ(→)

Cho=ください

Tôi=わたし

 

★何かを要求する際に使います。~には名詞を入れてくださいね。

 

 

Cho tôi Menu」(メニューをください

 

発音 チョー(→) トイ(→) メヌー(→)

Cho tôi =~をください

Menu=メニュー

 

★日本語では「メニュー」と発音しますがベトナムでは「メヌー」と発音します。「エム オイ メヌーメヌー」と言っても問題なく通じるでしょう。

 

 

Cho tôi cái này」(これをください)

 

発音 チョー(→) トイ(→) カイ(↑) ナイ(↓) 

Cho tôi =~をください

cái này=これ

 

★注文する際にメニューを指さしながら使います。相手はこちらが外国人であることをわかってくれていますので「「カイナイ、カイナイ、カイナイ...(これ、これ、これ…)」とだけ言っても理解してくれますよ。

 

 

⑤「Ngon」(おいしい)

 

発音 んゴン(→)

ngon=おいしい

 

★「おいしい」の意味。もしおいしければそう伝えてあげてもいいですね。頭の「ん」は小さく発音します。

 

 

 ⑥「Cho tôi khăn lạnh」(おしぼりをください)

 

発音 チョー(→)  トイ(→) カン(→) ラン(↓↓)

 khăn=タオル

lạnh=冷たい

 

★おしぼりが必要なときは「チョー  トイ カン ラン」と伝えましょう。ちなみにほとんどのお店でおしぼりは有料です。自動的に出されたものでも使ってしまうとお会計時に計算されてしまいます。大体10円くらいですが気を付けておきましょう。もしくは自分でウェットティッシュなどを持参していると便利です。ベトナムのコンビニやスーパーなどでも安く購入する事が出来ますよ。

 

 

⑦「không cần ớt」( 唐辛子はいりません)

 

発音 コンm(→) カン(↓) オッt(↑)

không cần=必要ない

ớt=唐辛子

 

★これは食堂だけでなくバインミーを購入するときにも便利かもしれません。種類にもよりますが多くのバインミーには唐辛子が入っています。注意しましょう。ちなみに「必要ない」という意味の「không cần【コンm(→)カン(↓)】」は売り子さんにしつこく付きまとわれた際にも撃退の一言として使う事が出来ますよ。

 

 

⑧「Đừng cho ngò rí」(パクチーを入れないでください)

 

発音 ドゥン(↓) チョー(→) んゴー(↓) リー(↑)

Đừng cho=~しないでください

 ngò rí=パクチー

 

★昨今パクチーが大ブームのようですが、やはりあの独特な香りが無理!って方もいらっしゃいますよね。そんな時はこのフレーズを使ってみてください。ちなみに「ngò rí」は南部弁。ホーチミンなどでよく使われています。ハノイなどの北部に行かれる方は「rau mùi【ザウ(→)ムイ(↓)】」を使ってくださいね。

 

 

⑨「 Mang về được không ?」(持ち帰りできますか。)

 

発音 マン(→) ヴェー(↓) ドゥック(↓↓) コンm(→)

Mang=持つ

về=帰る

được không ? =~できますか。

 

★このフレーズはテイクアウトしたいとき、またはお店で食事をしたが大量に残してしまって持ち帰りたいときなどに使えます。ちなみに店員さんが「 được(ドゥック)」と答えれば「OK」の意味。「không được(コンm ドゥック)」と答えれば「できない」の意味です。

 

 

⑩「Tính Tiền」 (お会計)

 

発音 ティン(↑) ティエン(↓)

 Tính=勘定する

Tiền=お金

 

★ベトナムではテーブルでお会計をするのが基本です。「ティン ティエン!」と言えば請求書をテーブルまで持ってきてくれますよ。請求書はちゃんとチェックしてくださいね。悪気が無くても間違っていることがたまにあります。

 

 

まとめ

最近は英語の通じるレストランも増えたんですが、やはりローカルのお店ではそれが難しいこともしばしば。そんな時、簡単なフレーズでも使ってコミュニケーションが取れれば嬉しいですよね。お店のおじちゃんやお姉さんもベトナム語を話すと喜んでくれると思いますよ!

個人的にはローカル食堂に行ってこそ本物のベトナムが味わえると思っています!ぜひ挑戦してみてください◎